熱刺激電流 TSCの測定手順

事前準備

光照射の調整、照射量の確認

光照射を伴う測定の場合、光照射の調整及び照射量の確認を事前に行ってください。


1. 試料の準備

電極にて挟まれた試料を準備し、微少電流計と電圧源、光照射装置を備えた温度制御可能な測定容器に試料を取り付けます。

 

電極界面はTSCシグナルに大きな影響を及ぼすため、試料への電極作製には十分配慮してください。


2. 測定プログラムの準備

入手したい情報に対応する測定試料毎のプログラムを準備します。

 

プログラムには通常、次のようなステップが含まれます。

Step1. 測定前処理 → Step2. 冷却 → Step3. 保持 → Step4. トラップ → Step5. TSC測定 → Step6. 測定後処理


3. 測定

測定プログラムを実施し、温度制御、電圧印加、光照射及び微小電流計測を実施します。

 

必要に応じて、TSC測定時の昇温速度を変更します。